画像オンデマンド編集・配信サーバー

ECサイトの接客レベルアップと運用の効率化

EQ Media Serverに1つの画像を登録するだけでOK

一覧ページ用のサムネイル画像や詳細ページ用の大きい画像、拡大画像の各サイズの画像を自動生成します。
また、スマートフォンやフィーチャーフォン(ガラケー)のプロファイル情報を搭載しているので、それぞれのデバイスに最適な画像の生成が可能です。
例えば、スマートフォンやフィーチャーフォンでは画像の90%の幅の画像を生成するといったような指定が可能です。
商品画像ズーム、商品画像拡大のスマートフォンの例
元画像の縦横比と異なる画像の生成時はパディング処理が適用されます。

すべてのデバイスでズーム表示(拡大表示)や回転表示が可能

商品画像回転表示と拡大表示
ECサイト上でのユーザー体験を向上させることができます。
商品画像をより良く見せることにより、従来に比べコンバージョン率の10%向上が期待できます(当社ユーザーの調査結果により)。

デザイン変更やABテストが簡単に

事前にECサイトに表示する画像を生成することなく、html内に記述される取得したい画像の大きさ(Pixel数指定や画像サイズに対する比率など)を変更するだけで画像サイズの変更ができるため、ECサイトのデザイン変更が簡単にできます。
また、画像サイズの大きさやサイトデザインの違いにより、ユーザーの反応を見るABテストも上記の画像サイズの記述変更だけで行うことができます。

元画像のフォーマットや品質に左右されない商品画像品質の一定化

通常印刷で使用されるCMYKのTIFFやEPSなどにも対応しており、元画像として画像サーバーにそのまま登録することができます。
また一概にRGBのJPEGといってもその品質は画像により大きく異なる場合があります。EQ Media Serverは画像表示時にその画像の品質を指定することができるので元画像のフォーマットや色空間、またはJPEGの品質や圧縮率に依存することなく、ECサイトでの画像のクオリティを一定化することができます。
また、画像内に含まれる画像情報(メタデータ)も自動で削除しますので、商品画像の撮影日時や撮影カメラ、撮影者の情報が流出することを機械的に防ぎます。

売上増や効率化のための多彩なオプションとカスタマイズ

  • バナーの自動生成や着せ替えなどのシミュレーション
    シミュレーション バナーの自動生成や着せ替えなどのシミュレーション、ロゴの自動合成も バナーのオンデマンド合成
    元画像を加工することなく、DB内にある文字情報や他の画像をECサイトの画像表示時にオンデマンドで合成することができます。

  • ズームビューアのカスタマイズ
    商品画像ズームビューアのカスタマイズ Zoom & Slide Zoom & Thumbnail Zoom & Spin Loupe
    標準のビューア以外にもECサイトにあわせた商品の見せ方の様々なご要望にお答えします。

  • 商品画像の二次利用の仕組み
    ブラウザによる画像サーバー内の閲覧に加え、ブランド名、商品名、SKUなどをキーとし画像検索→バスケット→画像一括加工→ダウンロードまたはFTPを行うなどの画像の二次利用が可能です。
    商品画像の二次利用と商品画像の管理

    楽天やAmazon、Yahooなど外部サイトへそれぞれのサイトのルールに合わせ一括または個別で画像を書き出し登録(FTP)することができます。
    外部サイトへの連動


    またテンプレート利用し楽天などの画像掲載数に制限があるECサイト向けに複数画像を1画像に自動合成し、さらに文字の自動合成も行います。

  • バッチ処理
    ECサイトで画像表示する際のオンデマンド画像生成だけではなく、画像登録時に事前に画像cacheを生成し同時にCDNのキャッシュをクリアするなどのバッチ処理にも対応します。

  • 画像や動画の不正利用防止
    不正防止イメージ
    Digimarcの電子透かしをオンデマンドで画像や動画に入れることができます。

様々な利用方法

弊社ではライセンスでのご提供(EQ Media Server)とASP(IDS ASPサービス)の2つのご利用形態をご用意しております。
またASPは24時間/365日の緊急対応とIXまで帯域幅の絞りのない1Gbps×2のインターネット接続回線が標準でサービスに含まれます。

コスト削除

EQ Media Serverは国内外200社以上の採用実績の過程で修得したノウハウにより、デフォルト設定で、画像データ容量と品質が最適な画像が自動生成されます。
画像ファイルの容量を最適化 50KB 19KB
これにより、Webページ全体の70%程度を占める画像ファイルの容量を最適化し(およそ30~50%のデータ量削減により)、アクセススピードの向上、インターネット回線費用の削減が期待できます。
月間1億PVを超えるユーザー様にはCDNの利用をお勧めしておりますが、CDNを利用してもCDNの流量を下げることができるため、CDNコストも削減可能です。
また、同じ画像エンジンを使ったASPでは、当社とデータセンターとのボリューム契約のメリットがお客様にも享受できます。当社ASPで利用する回線やハードウエアと同程度の一般的なクラウドサービスやレンタルサーバーの費用だけで、画像サーバーのライセンス、運用、24時間365日の緊急対応を含めたASP料金をご提供しています。

導入事例

よくある質問